梨の実通信


五十嵐きよみの短歌ブログ。 ぼちぼちいってみたいと思います
by noma-iga
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

『バスティーユの陰謀』 藤本ひとみ

書名:バスティーユの陰謀
著者:藤本ひとみ
発行:文春文庫

More
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-29 11:00 | 読書メモ

『ららら科学の子』 矢作俊彦

書名:ららら科学の子 ※「学」は旧字
著者:矢作俊彦
発行:文春文庫

More
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-26 23:52 | 読書メモ

『レインレイン・ボウ』 加納朋子

書名:レインレイン・ボウ
著者:加納朋子
発行:集英社文庫

More
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-22 23:36 | 読書メモ

歌会に欠席

今日は、月に一度の「新・首都の会」に出席…のはずが、金曜日から風邪を引いて発熱。今日になっても、今ひとつ治りきっていなかったため、欠席してしまいました。せっかくの週末をずっと寝て過ごすとは。
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-22 15:21 | 短歌日記

『風が見ていた』 岸惠子

書名:風が見ていた(上下巻)
著者:岸惠子
発行:新潮文庫

More
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-16 20:31 | 読書メモ

『プラシド・ドミンゴ オペラ62役を語る』 ヘレナ・マテオプーロス

書名:プラシド・ドミンゴ オペラ62役を語る 
著者:ヘレナ・マテオプーロス
発行:アルファベータ

More
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-14 18:00 | 読書メモ

『純粋理性批判殺人事件』 マイケル・グレゴリオ

書名:純粋理性批判殺人事件(上下巻)
著者:マイケル・グレゴリオ
発行:角川文庫

More
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-08 18:04 | 読書メモ

「岡井隆先生を囲む会」に参加

昨日は、未来主催の「岡井隆先生を囲む会」に参加してきました。50人ほどの集まりで、出席者は未来の方々を中心に、私を含めて他結社の人もちらほらと。今回の幹事役の方と別の歌会でご一緒している関係で、部外者ながらお声をかけていただいたような次第。

こういうイベントに出席するのは本当に久しぶり。加藤治郎さんにも「久しぶりだねえ。3年ぶりぐらいじゃない?」と言われてしまいました。3年ぶりは大げさにしても、思い返せば名古屋の朝日カルチャーで開かれたイベント以来、大勢の人が集まる場には顔を出していないです(たぶん)。ということは2年前だから、まあ、2年も3年もたいして変わらないかもしれません。

会の後半は、歌会が開かれました。私が出詠したのは以下の1首。他結社の歌会なので、様子がわからず、なるべく無難そうなものを選んで出詠しました。

テノールの恋うた聴いてきた耳の真珠飾りも熱を宿せり

書こうと思えば、もっといろいろと書けるのですが、最初なので、無理をせずこのぐらいにしておきます。
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-08 10:26 | 短歌日記

「読書メモ」を始めてみます

「読書メモ」を始めてみます。
今の読書ペースから考えると、1週間に1~3回程度の更新になると思います。また、気分転換に別のブログで、オペラ&フィギュアスケートのことを書きまくっていて、そっちにけっこう時間を取られるので、「読書メモ」というカテゴリ名の通り、何を読んだかというメモ程度になると思います。
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-06 12:09 | 読書メモ

「短歌日記」を始めてみます

「短歌日記」を始めてみます。
まだ本調子ではないので、地雷を踏んで自爆しないように、ようすを見ながらゆっくり進むことにします。考えたことではなく、あったことを書くようにすれば、安全性が高いと思われるため、そうします。ただ、最近はあまり行動しないので、「あったこと」を書ける機会は少なく、たまの更新になると思います。
[PR]
# by noma-iga | 2006-10-06 12:09 | 短歌日記


ライフログ
最新のトラックバック
083拝(帯一 鐘信)
from ダイコン短歌野郎 ~とりあえ..
ドミンゴ
from 自動車-情報局
題詠マラソン2005(7..
from 気まぐれ徒然かすみ草
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧