梨の実通信


五十嵐きよみの短歌ブログ。 ぼちぼちいってみたいと思います
by noma-iga
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

「納豆の大ドンブリ―家族の短歌」

納豆の大ドンブリ―家族の短歌
穂村 弘 / / 岩崎書店
スコア選択:

本の写真だけUPして、中身を書くのがすっかり遅くなってしまいました。
穂村弘さんが編者をされているこの本に、私の歌も載せていただきました。「家族の歌」を集めた本で、私のは「弟」の歌です。短歌を初めてまだ日が浅い時期に詠んだ歌で、歌会で初めて最高得票になり、うれしかった思い出のある一首です。確か「星」という題詠歌会でした。




この本、絵本のような贅沢なつくりで、とても素敵です。出版社から掲載許可の手紙を受け取ったときは、何十首もずらずらーっと掲載されるようなアンソロジーを想像していたのですが、1冊に14首しか掲載されていません。私以外の作者の顔ぶれは以下の通り。

吉川宏志
松村正直
飯田有子
笹公人
北原白秋
坂井修一
雪舟えま
加藤治郎
穂村弘
木下利玄
与謝野晶子
斎藤茂吉
早坂類


なんと! 与謝野晶子や斎藤茂吉と同じ本に載ってしまいましたよ。いいんでしょうか(あせっ)。
このシリーズは、ほかにも「日常の短歌」「オノマトペの短歌」「恋の短歌」「動物の短歌」が出版されているようです。

星座盤回す縁側 弟の日焼けの肩はまだらに剥けて 五十嵐きよみ
[PR]
by noma-iga | 2007-03-09 10:48 | 短歌日記
<< 「題詠100首blog自選集」連絡用 2月中に読んだ本 >>


ライフログ
最新のトラックバック
083拝(帯一 鐘信)
from ダイコン短歌野郎 ~とりあえ..
ドミンゴ
from 自動車-情報局
題詠マラソン2005(7..
from 気まぐれ徒然かすみ草
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧