梨の実通信


五十嵐きよみの短歌ブログ。 ぼちぼちいってみたいと思います
by noma-iga
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

『バスティーユの陰謀』 藤本ひとみ

書名:バスティーユの陰謀
著者:藤本ひとみ
発行:文春文庫



概要
自らの美貌をたよりに、楽に生きることだけを考える青年ジョフロア。不器用で無垢なガスパール。二人がもし、失業者が不満を募らす1789年のパリで出会わなかったら…。フランス革命の舞台裏を描く力作。(カバー裏の紹介文より)

評価 ★★★☆☆
まあこんなものかな、という印象でした。ただ、藤本ひとみは嫌いじゃありません。
[PR]
by noma-iga | 2006-10-29 11:00 | 読書メモ
<< 題詠100首blog終了 『ららら科学の子』 矢作俊彦 >>


ライフログ
最新のトラックバック
083拝(帯一 鐘信)
from ダイコン短歌野郎 ~とりあえ..
ドミンゴ
from 自動車-情報局
題詠マラソン2005(7..
from 気まぐれ徒然かすみ草
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧