梨の実通信


五十嵐きよみの短歌ブログ。 ぼちぼちいってみたいと思います
by noma-iga
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ボーイソプラノ


僕たちは野に放たれた火のように駆けた叫びの満ちる夜まで

マネキンが集まる夜に紛れ込み悟られず手をつないだら勝ち

とびきりの悪戯のあとでほしいのは少年アインシュタインの舌

気まぐれな神の目として信号が点滅したら投石をせよ

雨が降るたび植物に近づいてゆく級友のボーイソプラノ

ひっそりと人体模型が立っているクラス写真の最後列に

永遠を探すことにも飽きたから魚眼レンズで街を眺める

マグナムの重さを本に確かめて手にのせてみる哲学辞典

神様は〔どこにもいない〕〔どこにでもいる〕明日までに宿題を解け

片方を水に落としたシンバルのもう一方が夜空に浮かぶ

五線紙にならべた僕らを奏でれば深い海まで届く旋律

明け方の水に沈めた冷たさのナイフを頬に押し当ててみる

もう嘘に耐えきれなくて街中の少年たちが音叉と化した





連作個人誌「梨の実メール」第10号(2004年1月24日発行)に収録。
[PR]
by noma-iga | 2006-09-27 21:55 | 短歌作品
<< イカロスの空 ハスキーボイス >>


ライフログ
最新のトラックバック
083拝(帯一 鐘信)
from ダイコン短歌野郎 ~とりあえ..
ドミンゴ
from 自動車-情報局
題詠マラソン2005(7..
from 気まぐれ徒然かすみ草
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧