梨の実通信


五十嵐きよみの短歌ブログ。 ぼちぼちいってみたいと思います
by noma-iga
S M T W T F S
1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

ハートのキングに落書きを


そっと目を閉じて祈れば朝焼けの海がまぶたの裏にひろがる

「世」を使う熟語を綴りゆくノート「世界」で始まり「渡世」で終わる

しっかりと手をつなぎ合いおなじ夢見るならふたり海女になる夢

ひとくちだけ齧ったたがいのドーナツをくっつけ∞(無限大)をつくった

逆光で撮った写真のわたしたち二羽のつばめのように似ている

少年を演じる友が劇中に「僕」というたびすこしせつない

化粧品売り場の隅でマニキュアをたがいの小指にこっそり塗った

4に似たヨットと3に似たカモメ友のノートに夏はきている

渋谷駅のコインロッカーいっせいに開いて秘密を喋り始める

玄関のチャイムは鳴らさなくていい窓の下から小石を投げて

ふたり手を重ね合わせて球根が芽吹くのを待つしずかさのなか

やけに広い音楽室の空席のひとつひとつに光がたまる

「そんなこという資格ない」と言い捨てて影法師つれ駆け出してゆく

キャラメルがゆるんで甘くなるまでを舌に転がす四角い痛み

休みの日だけ嵌めているおそろいの指輪の跡が痒い月曜

てかてかと唇つやめくグラビアのアイドル歌手が風にめくれる

髭のないハートのキングに落書きを私たちにはナイフの傷を

鳥の影よぎっても開け放てないわたしの中の嵌め殺しの窓

眼薬とリップクリーム交換し鏡の中に並んで映る

わたしたち織られる前の糸だからこんなに縺れ結ぼれあって





連作個人誌「梨の実メール」第7号(2003年5月10日発行)に収録。
このとき開催中だった「題詠マラソン2003」の参加作品とは別に、同じ100題を利用して20首ずつの連作を詠み、「梨の実メール」に発表した。これはそのうち「061-080」の題を詠み込んだもの。「061-080」の題は以下の通り。

061:祈る
062:渡世
063:海女
064:ド-ナツ
065:光
066:僕
067:化粧
068:似る
069:コイン
070:玄関
071:待つ
072:席
073:資
074:キャラメル
075:痒い
076:てかてか
077:落書き
078:殺
079:眼薬
080:織る
[PR]
by noma-iga | 2006-09-23 16:51 | 短歌作品
<< 迷彩色の地図 つばめ >>


ライフログ
最新のトラックバック
083拝(帯一 鐘信)
from ダイコン短歌野郎 ~とりあえ..
ドミンゴ
from 自動車-情報局
題詠マラソン2005(7..
from 気まぐれ徒然かすみ草
検索
タグ
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧