梨の実通信


五十嵐きよみの短歌ブログ。 ぼちぼちいってみたいと思います
by noma-iga
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
カテゴリ
以前の記事
フォロー中のブログ

スタンド・バイ・ミー


樹のうえの隠れ家、煙草、仲間たち、はじめて死体を見た夏休み

メイン州キャッスル・ロック僕たちは乾いた夏をひたすら泳ぐ

気の利いたののしり文句いちはやく覚えて高くコインを投げて

いかさまのカードが得意なあいつさえ本塁までは必死に駆けた

手から手へ回されるうちすりきれたペーパーバックの探偵小説

狡猾な店主とわたりあってのち英雄気分はざらりと苦い

人生を悟った顔で話しても僕らは伸び放題の夏草

一生を<弟>のままいるという不運のまっただなかの十二は

容赦なく午後のひざしは照りつけて慈雨として聴くラジオのポップス

人がみないつか死体になることの眩暈のあとに仰ぐ夏空





連作個人誌「梨の実メール」第2号(発行2002年12月6日)に収録。
[PR]
by noma-iga | 2006-09-20 21:57 | 短歌作品
<< 鳥たちの楽園 書物は踊る >>


ライフログ
最新のトラックバック
083拝(帯一 鐘信)
from ダイコン短歌野郎 ~とりあえ..
ドミンゴ
from 自動車-情報局
題詠マラソン2005(7..
from 気まぐれ徒然かすみ草
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧